吃音症の治し方!TOP > 対策 > 検査方法について!

吃音症の検査方法では?

吃音症の検査方法って具体的にはどのよう行うのか?

なんとなく病院にいくのが怖いけど・・・

吃音症の人が病院に足を運ぶ時って不安なことだらけですよね。

そこで、ここでは、吃音症の検査に注目してみました。

病院に行くべきか悩んでいる人は、参考にしてみてください。

吃音症の治し方・検査について


原因で判断する?


はじめに吃音症の原因や治し方は、全てが解明しているわけではありません。

もちろん、その人の性格や環境などによっても違いがあるんですね。

ただ、原因がわかっている場合は、検査や治療の見通しが立てやすいですが、例えば、環境要因、肉体要因、心因的要因と様々な要因が重なって発症する場合も多いです。

1つの目安として、発症の時期や仕方などから、ある程度の判断をすることは可能です。


具体的な検査方法は?


具体的な検索方法としては心因的な要因を探り、それでホルモンバランスや聴覚、発音力、言語力などを検査します。

場合によっては、MRIなどを使い、それで脳の検査をすることもあります。

吃音症と言うは、初期の段階であれば治療も比較的、簡単なのですが、心因的要因があると、再発するケースも多く、また、症状が悪化する事もあります。

なので、呼吸法の訓練やトレーニングだったり、それと心理療法なども取り入れながら原因を探っていきます。


検査が難しい理由は?


吃音症の検査で難しいのには理由があるます。

それは、原因によって検査する科に違いがあるためです。

例えば・・・

  • 脳に問題がある場合には脳神経科

  • 聴覚に問題がある場合には耳鼻科

  • 心因的要因が大きい場合には精神科や心療内科


このように吃音の原因によっても受診する科が違うわけですが、それでも原因が突き止められないケースも多いと言われています。

子供の場合、家庭や家族などの環境要因や聴覚障害が関係している場合も多く、まずは耳鼻咽喉科で検査をしてもらうといいかもしれません。

また、大人が突然、吃音症になった場合というのは、心因的要因が多いです。

なので、大人が急に吃音症を発症したなら、心療内科や精神科を受診してみてください。

関連記事
吃音でありがとうございましたが言えない?

♪吃音・どもりはコレで克服できる!
【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム
6週間以内に克服させる最新の脳科学に基づいたまったく新しい吃音改善方法!なぜ重度の吃音だった私がわずか57日で普通にしゃべることが当たり前にできたのか?その秘密に迫ります!