吃音症の治し方!TOP > 治療・改善方法 > 意識しないようにする方法!

吃音症を意識しないようにする方法とは?

吃音症の治し方・意識しないようにする

どもりが出ないように喋ろうとすると逆に症状が悪化することがあります。

なので対策としては意識しないことが大事です。

意識しなければ、どもりの回数も減り、結果的に改善に繋がるでしょう。

もちろん、不安や緊張を取り除くのは難しいですが、考え方を変えることで克服することもできる可能性は高まります。

そこで、ここでは・・・
意識しないためにはどうすればいいのか?

吃音を意識するのは自分の性格に問題あり?
これらについて解説しています。

喋る時にどうしても吃音が出ると悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。


意識しないためにはどうすればいいのか?


吃音の症状を意識しないためにはどうすればいいのでしょう。

これは症状が出ない時や逆に気にならない時が分かればおのずと答えが見えてきます。

具体的にどんな時かといえば・・・
・自分が楽しんでいる時

・何かに集中している時
こんな時ってどもりの症状は気にならないと思います。

吃音の症状で悩んでいる人は、普段から自分が楽しめていないのか?

あるいは、あまり集中することが苦手なのかもしれません。

ですので、楽しいことを考えたり、集中することができれば吃音改善に繋がります。

では、何をどうすればいいのか解説しましょう。


同じ趣味を持つ友達を作る!


同じ趣味を持つ友達を作り、同じ時間を過ごしてみてください。

自分が楽しめて集中できれば吃音やどもりのことは気にならくなるはずです。

例えば、バイクが好きならみんなでツーリングにいくのもいいですし、テニスなどのサークルに入るのもいいでしょう。

ただし注意することもあります。

それは自分が苦になるものでは逆効果になってしまうということ!

なので楽しめるものを見つけるのがポイントとなります。


前向きに考える!


吃音を意識しないためにできることの1つに「前向きに考える」があります。

目標を持って物事を前向きに考えることができれば、どもりのことは気にならなくなります。

また、前向きに考えることで人間関係が良くなることもありますし、仕事や勉強などもはかどることは間違いありません。

ですので、吃音の事ばかり考えるのではなく、その他の事に目を向けるようにしましょう。


一点集中トレーニング!


自分のやりたいことがあるなら吃音を意識しないためにも集中することが大事です。

しっかりと目標を決めて、それに向けてやるべきことをやります。

これは一点集中のトレーニングですが、やるべきことを決めたら・・・
「一切他のことをやらない」

「他の情報を入れない」

「あらかじめ時間を決める」

「次の日の準備をする」
このような段取りでやるべきことをこなしてください。

すると集中力は高まり、自分の目標が達成できます。

1つ目標が達成したら、次の目標を作りましょう。

そうすれば吃音を意識しなくなっていきます。


吃音を意識するのは自分の性格に問題あり?


どうしても吃音が気になって仕方がないという人もいると思います。

ただ、そんな人は自分の性格に問題ある場合が多いです。

どもって恥ずかしいと思ってしまえば、会話をさけるようになっていきます。

ですので、対策としては、あえて吃音を強調してみるのもいいかもしれません。

例えば、何かのあいさつで「最近、吃音が多い山田です。」といった感じに開き直ってみてはいかがでしょうか?

一度、開き直れば、そのあとは話をするのが楽になるのでどもりの回数も減る可能性は高いです。

ただ、そんな勇気もないというならこの下で紹介している吃音改善トレーニングを行ってみてください。

いずれにせよ、吃音を意識すると症状が悪化するので何かしら対策を取るようにしましょう。


関連記事
どもり電話が苦手?

♪吃音・どもりはコレで克服できる!
【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム
6週間以内に克服させる最新の脳科学に基づいたまったく新しい吃音改善方法!なぜ重度の吃音だった私がわずか57日で普通にしゃべることが当たり前にできたのか?その秘密に迫ります!