HOME・TOP > 治療 > 吃音症に効果がある薬について!

吃音症に効果がある薬とは?

 
どもりの症状が酷く、吃音症の治し方として病院で治療を考えている人もいます。

ですが、現段階では、吃音症の特効薬というものは存在していません。

ただ、心理的な部分で吃音になっているような方の場合には、不安を和らげるような薬で、対処することは出来ます。

もちろん、この場合は、吃音症が治るというものではありません。

あくまでも対処療法のための薬と思ってください。


吃音症で処方される薬は?


・精神を安定させる薬

・神経をリラックスさせる抗不安薬


これらになるのですが、このような薬は、うつ病でも使われている物になります。

具体的には以下のような薬があります。

ルボックス、レキソタン、アモキサン、セパゾン

など薬です。

これら薬の効果としは、不安な気持ちを取り除いて、精神を安定させる作用があるんですね。


SSRIとは?


よく疲れている薬にSSRIと言うのがあります。

このSSRIですが、その効果は高いと言われているのですが、人によっては、合わないこともあるようです。

ちなみに、吃音症と言うのは、人によっても症状が違い、その原因も複雑となっていますので、改善する人もいれば、そうでない人もいます。

また、薬の持続時間にも個人差があり、ある程度長い時間持つ人もいれば、逆に短い時間しか効果がない人もいます。

これら薬の効果と言うのは、実際に試してみなければわかりませんが、あくまでもその時の対処でしかないので、吃音症を克服したい場合は、根本的に別の方法を行う必要があります。


薬には副作用の問題もある?


そして、薬の場合は、医師の判断で処方されるわけですが、薬によっては、副作用もあると言う事を覚えておきましょう。

例えば・・・

・眠気
・吐き気
・のどの渇き
・血圧の上昇


これらの副作用が出る場合があります。

もし、副作用が出て辛いような場合には、その旨を医師に伝えてください。

それと、吃音症の緩和に関しては、すぐに効果が現れるものではありません。

効果がないからと言って、自己判断で薬の量を増やしたりしてはいけません。

これは、吃音症だけに限らず、他の病気に関しても同じですので、医師の指示に従い服用するようにしてください。

あわせて読みたい記事
漢方で治るのか?
吃音の原因を徹底解説!