●TOP > 吃音・知識 > 自律神経の乱れが関係している?

自律神経失調症と吃音って関係があるのか?


自律神経の乱れから吃音になる?

自律神経失調症という病気をご存じですか?

この病気は、一口に言うと・・・

自律神経のバランスが乱れ、体に様々な不調をきたす病気のことです。

実は、自律神経が乱れてしまうと、その影響から吃音の症状が出る人もいるんですね。

そこで、ここでは・・・
自律神経失調症の症状について!

自律神経の乱れは何が原因なのか?

吃音との関係について!
これらについて解説していきますので、吃音で悩む方は参考にしてみてください。


自律神経失調症の症状について!


先ず、この病気ですが、精神的な影響から様々な症状を引き起こします。

具体的な症状としては次のようなものがあります。

全身倦怠、めまい、頭痛、動悸(どうき)、血圧の上下、不安感、緊張、イライラ、発汗、ふるえ、肩こり、吐き気、食欲不振、不眠など。

実に様々な症状が挙げれらます。

人によっても症状には違いがあり、これら症状がいくつか複数起こる場合もあります。

ただ、このような症状が出たとしても自律神経失調症を患っているとも限りません。

これら症状は、誰が起こってもおかしくはありませんからね。

なので症状が続くような場合には、一度病院で診てもらうようにしてください。

もしかしたら、何か別の病気が隠れているケースもありますので、その場合にはしっかりと治療を行わなければいけません。

不安を抱えている人は、我慢しないで病院で検査してもらいましょう。


自律神経の乱れは何が原因なのか?


では、自律神経の乱れって何が原因なのか?どんなことが考えられるのか?

実は、これにも色々とあるのですが、主に挙げられるのは以下の通りです。

  • 生活習慣の乱れ

  • ストレス

  • 環境の変化

  • 性格や体質

などです。


生活習慣の乱れ


人によっては、不摂生が続き生活習慣が乱れている方もいます。

このよう場合は、自律神経が乱れる可能性が高いので注意しなければいけません。

食事や運動、睡眠などを見直して、生活のリズムを取り戻すことが大事です。


ストレス


次に過度なストレスを抱えている人は、自律神経のバランスが崩れやすく、この病気になりやすいので注意が必要です。

ストレスに関しては、吃音の原因にもなりますので、ストレス対策をするようにしてください。


環境の変化


環境変化ですが、例えば就職だったり結婚など、環境の変化に適応できないことが、ストレスになってしまい、それで自律神経失調症になる人も少なくありません。

対策としては、なるべく自分の時間を作るように心がけて体を休ませることです。

そうすることで自律神経の乱れも改善していくでしょう。


性格や体質


また、自律神経失調症は性格や体質にも大きく関係しています。

例えば、真面目な人や気持ちの切り替えが下手な人、ストレスを溜めこみやすいような性格の人は要注意です。


吃音との関係について!


自律神経失調症と吃音の関係にはどんなことが挙げれるのか?

これは、不安や緊張、そして、ストレスなど、精神的な面が大きく関係しています。

人前で話しをするのに緊張する方は、自律神経が乱れてしまいがちですし、不安を抱えていたり、ストレスが溜まっている人は吃音が出やすいです。

つまり・・・

自律神経失調症の悩みを抱えている人の中には吃音の人がいると言うことです。

では、自律神経失調症や吃音の治し方ってどうすればいいのか?

それは、上記で書いた原因を見直していくことが大事ということになります。

繰り返しになりますが、生活習慣を改善させたり、ストレスは溜めないようにすることが重要なポイントです。

特に吃音の悩みを抱えている人は、自律神経が乱れている可能性が高いので、緊張したり、不安な方は、自分に合う方法で対策するようにしましょう。