HOME・TOP > 知識 > 吃音を隠さない?

吃音が恥ずかしい?

 
もしかして、あなたも吃音が出て恥ずかしいと感じている方ですか?

確かに吃音症の悩みって、その本人でなければ分かりません。

しかし、あなたが思っている程、他の人は、貴方の吃音を気にしてはいません。

なので、吃音を隠す必要なんて全くありません。

ですが、小中学生の吃音となると少し話が違います。

学生の吃音の場合、他の人と話し方が違うだけで、笑われることもあるでしょう。

中には、それが原因でいじめに遭うケースもあります。

そこで、ここでは・・・

子供の吃音対処法について!

大人の吃音対策について!


これらについて解説しています。

悩む男性の画像


子供の吃音対処法について!


吃音の対処についてですが、大人と学生では対処の方法が違います。

小中学生の場合では、自然に治るケースが多いとされているんですね。

なので、無理に治す必要はありません。

もし、対策をするにしても、話すスピードを落とすことで多くは改善されることが分かっていますので、ゆっくりと話すことを心がければ大丈夫です。

ただ、吃音が出てからかわれることもあるでしょう。

からかう人は、吃音の症状や悩みを分かっていません。

もちろん、吃音症で苦しんでいる人の気持ちも分かっていないんですね。

ですので、話す機会をつくり、吃音である事をみんなに伝える必要があります。

先ずは、親しい友達や先生に相談するのもいいでしょう。

そして、話す場を作るようにして、みんなに理解してもらうようにしてください。


そうすれば、吃音を隠す必要はなくなりますからね。

また、あなたの子供が吃音である場合も、一度、担任に相談をして話す機会をつくることで、子供がいじめに遭う可能性が低くなるはずです。

吃音を隠したいと言う気持ちは、よくわかりますが、そのまま放置しておくと、からかわれたり、いじめに遭うので、早めに手を打つようにしましょう。


大人の吃音対処法について!


では、大人の場合は、どうすればいいのか?

特に社会人になってから吃音が出る方もいるのですが、その場合は仕事のストレスなども考えられますので、体を休ませることを考えるといいです。

具体的には、夜はいつまでも起きていないで、早く寝るようにするなどしてストレス対策をしてください。

それだけでも、吃音は改善することがあります。

大人の場合は、子供とは違い、仕事でハンディになることが多いです。

ですが、吃音を隠さなくても、特に問題はありません。

なぜなら、この人は、吃音がある人だなと周りは理解しているからです。

なので、どうすれば吃音が改善されるかを本人が考えるようにしてください。

仕事に関していえば、なるべく人と話をしないような仕事に就きたいのか?

あるいは、吃音を克服させるためにあえて営業やサービス業などの仕事に就くのか?


芸能人の方でも昔は吃音があったなんて人はたくさんいます。

ですが、気持ちや考え方次第で吃音が気にならなくなるぐらいまで改善します。

吃音を隠すのではなく、貴方がどうしたいのかが大事と言う事を覚えておきましょう。

あわせて読みたい記事
吃音症の原因と具体的な治し方について!
バカにされる場合はどうすればいい?
吃音症の治し方