HOME・TOP > 知識 > 吃音症にも種類がある?

吃音症の種類には・・・

 
吃音症があると喋りたい時に緊張してしまい発言できない事ってありますよね。

できれば、今すぐにでも改善させたいところでしょう。

ですが、自分に合う吃音症の治し方でなければ、思うように改善されないのも事実です。

ですので、先ずは、自分はどのタイプの吃音なのかを把握することが大事です。

吃音症の特徴としては・・・

「わ・わ・わ・わたしは、〇〇〇〇です。」

これが吃音(どもり)というイメージが強いでしょう。

ですが、吃音症ってこれだけではなく、いくつか種類があります。

そこで、ここでは、その種類ついて解説していきたいと思います。

友達などから「発音がおかしい」と言われたら、もしかして、それは吃音症のよるものかもしれませんので思い当たることがないか確認してみてください。


吃音症ってどんな種類があるのか?


吃音の種類には以下のようなものがあります。
吃音症の治し方
・連続型

・伸発型

・難発型

・中阻型

・混合型



これらです。

では、それぞれ詳しく解説しましょう。


連続型とは?


こちらは典型的な吃音で、「わ・わ・わ・わたしは」このように、言葉の出だしが重複するのを連続型と呼んでいます。

おそらく、吃音・どもりと言って一番多く想像するパターンです。


伸発型とは?


こちらは「あーーりがとう」と言った感じで言葉の出だしが伸びるような症状になります。

たまにこのような方がいらっしゃいますが、実は、これも吃音の種類になります。


難発型とは?


難発型とは、言葉の出だしがなかなか発せらない症状になります。

また、会話に間があいてしまうのもこの種類の特徴です。


中阻型とは?


中阻型は言葉の途中で声が出なくなるような状態と思ってください。

特徴としては、途中で声が出なくなるので、会話が中断したように間があくことがあります。


混合型とは?


混合型は、どもりを気にするあまり、別の種類のどもりも併発する症状になります。

例えば・・・

「あ・あ・あ・あーりがとう」

このような場合には、連続型と伸発型が同時に出てしまう事もあります。

おそらく、混合型の場合には心因的な原因が大きく関係している可能性が高いです。


これらが吃音症の種類になります。


いずれにせよ、この状態のままでは、人とのコミュニケーションが取れませんし、仕事や普段の生活でも支障が出る可能性もあります。

このサイトでは、吃音症の原因や治し方などをお伝えしていますの、ゆっくりでいいので症状を改善させるようにしましょう。

あわせて読みたい記事
ストレスからくる吃音症の治し方とは?
自分でチェックするには?
吃音症の治し方