HOME・TOP > 知識 > 吃音症があると恐怖症になりやすい?

吃音症があると恐怖症になりやすい?治し方は?

 
吃音症がると恐怖症になりやすい?

吃音症の治し方も様々ですが、この症状で悩んでいる人の中には、恐怖症にかかる方もいるんですね。

恐怖症と言っても、色々あるのですが、人とのコミュニケーションをはじめ、あらゆる場面で損をすることが予想されます。

ですので、吃音症は、もちろんのこと、恐怖症にならないためにも何らかの対策は必要になってきます。

では、どんな恐怖症になりやすいのか?

一番、多いのが対人恐怖症です。


対人恐怖症


やはり、人と会話をする時など、どもりが出ると、上手にコミュニケーションが取れなくなり、それがひどくなると、次第に孤立していくようになります。

その状態が続いてしまうと、対人恐怖症になってしまうんですね。

この症状が酷くなると孤立化してひきこもりになることもあります。

なので、出来る限り、早めに対策をとらなければいけません。


対人恐怖症を改善させるには?


対人恐怖症を改善させるにはどうすればいいか?

色々ありますが、中でもお勧めするのがイメージトレーニングです。

例えば・・・

人と合うのが苦手になっているなら、その時の状況を思い浮かべて、上手くいっている自分を頭の中で想像してみましょう。
なるべくプラス思考で考えることが大事です。

このやり方は、吃音症にも使えます。

どもることなくスラスラと喋っている自分をイメージします。

もちろん、イメージだけでは、治ることはありませんが、イメージトレーニングをするだけでも、自信につながりますので、ぜひ、試してみてください。


恐怖症を克服したいなら?


恐怖症を克服するには?

恐怖症の場合、なぜ、それが怖いのか?

なんで怖くなってしまったのか?

その原因を突き止めることも大事です。

仮に、対人恐怖症で○○君の事が特に苦手とするなら、あえて、自分の方から○○君に近寄って話をしてみるのもいいでしょう。

もし、それで○○君と親しくなれたら、おそらく対人恐怖症は、それで克服できるかもしれません。


ただ、実際にやるとなると勇気がいることですし、気が弱い方の場合、もしかしたら、逆に恐怖症が悪化するかもしれませんね。

つまり・・・

恐怖症を改善させる為には、自分自身を変える必要があります。

今後、自分はどのようになりたいのか? その為にはどうすればいいか?
ここが重要なポイントと思ってください。

これから先も、ずっと吃音や対人恐怖症のままでいいのか?

それとも、自分を変えたいのか?

よく考えてみてみましょう。


あわせて読みたい記事
自分に自信を持つためには・・・
ストレスからくる吃音症の治し方とは?
吃音症の治し方