●TOP > 吃音・知識 > 対人恐怖症になりやすい?

吃音があると対人恐怖症になりやすい?


吃音・恐怖症になりやすい?

吃音があるので、会話が苦手という方は多くいるでしょう。

なるべく話をしないようにと人を避けるようになる。

それが続くと、今度は、対人恐怖症になっていくんですね。

すると気づいたら、いつも1人ぼっち・・・

もし、こんな状態になっているなら気をつけなければいけません。

放置すれば、ますます症状が悪化してしまいますからね。

そこで、ここでは・・・
放置するとどうなるか?

対人恐怖症チェック・診断!

克服するにはどうすればいいか?
これらについて詳しく解説していきます。

吃音がある方や対人恐怖症と自覚している方は、ぜひ参考にしてみてください。


対人恐怖症を放置するとどうなるか?


そもそも、対人恐怖症ってどんな症状があるのか?

これは、人と会うのが怖いという強迫観念のある神経症です。

症状としては、極度の緊張や不安に陥ってしまうんですね。

特に吃音がある方は、対人恐怖症になりやすいと言われています。

そして、放置すると以下の状態になることがあります。

具体的には・・・
・コミュニケーションが取れなくなる
・身体に様々な症状を引き起こす
・引きこもりやうつ気味になる
これらが挙げられます。


コミュニケーションが取れなくなる


人と会ったり、話ができなくなるのが対人恐怖症の特徴です。

症状がひどくなれば次第に孤立化していきます。

気づいたら誰とも話をしなかったなんて日もあるでしょう。


身体に様々な症状を引き起こす


対人恐怖症で不安や緊張を感じると声が震えたリ、発汗、赤面など。

これら様々な症状を引き起こし、交感神経が優位に働きます。

すると、体調不良など健康に悪影響を与えてしまいます。


引きこもりやうつ気味になる


症状がひどくなれば外出できなくなることもあるでしょう。

すると部屋に引きこもりがちになってしまいます。

その状態が続けば、うつ病に発展することもあるので注意が必要です。

・・・・

このように対人恐怖症を放置すると様々な症状を引き起こします。


対人恐怖症チェック・診断!


対人恐怖症になりやすい人もいます。

簡単な診断を用意しました。

以下の問いにいくつ当てはまるか確認してください。
・大勢の前だとあがってしまい話ができない
・人と一緒に行動するのが苦手
・不安な気持ちになることがよくある
・人と会うと疲れてしまう
・話をするのが苦手
・話をする時、目線を合わせることができない
・どちらかと言えば1人の方がいい
・他人が話をしていると自分の悪口に聞こえる
・赤面することがよくある
・体型などコンプレックスがある
・冗談をいうのが苦手
・自分を良く見せようとする
この問いで「ハイ」が3つ以上ある方は、要注意です。

数が多ければ多いほど、対人恐怖症になりやすいと思ってください。

「ハイ」の数が多い人は、対人恐怖症や吃音の対策が必要です。

対人恐怖症を治したい人はコチラ!


克服するにはどうすればいいか?


吃音から対人恐怖症になってしまった。

こんな場合、どう克服していけばいいのか?

実は、対人恐怖症や吃音の原因は似ているところがあるんです。

具体的には、不安・緊張・トラウマなど。

どちらもこれらが原因で症状を引き起こしてしまいます。

ですので、対策としては、考え方を変える必要があります。

人と会うのが苦手という人もいるでしょう。

そんな場合は、「人と会うのは楽しい」とイメトレすればいいわけですね。

前向きに考えることも重要なポイントです。

以下のページでは、吃音改善のヒントが多くあります。

意識しないようにするには!

呼吸法で改善させるには!

笑われる時の対処法は?

これらのページを参考に吃音や対人恐怖症を克服してください。