HOME・TOP > 知識 > 吃音症になりやすい性格の人は?

吃音症になりやすい性格の人とは?

 
吃音症の治し方で悩む男性

吃音症になりやすい性格ってどんな人なのか?

吃音症で悩んでいる人は、どもってしまうのが恥ずかしく、なるべく会話を避ける傾向にありますよね。

やはり、性格って関係があるのでしょうか?

実は、吃音症になりやすい性格の人はいます。

具体的には、以下の3つに当てはまるような人に多いです。

性格が優しい人

よく人に気を使う性格

自分に自信がない人
これらが挙げられます。

では、それぞれ詳しく解説します。


性格が優しい人


先ず、始めの性格が優しい人と言うのは、特に吃音でなくても多くいますよね。

ただ、性格の事だけを考えると、優しい人が多く、基本的に曲がった事が嫌い、そして、正直者に多い傾向にあります。

よく正直者はバカを見るなんていいますが、吃音者に多いのも事実でしょう。


よく人に気を使う性格


そして、2つ目のよく気を使う性格ですが例えば、会話中に・・・

今、この人にこの話をしたら失礼かな・・・」とか、

その場の空気を壊さないようにするにはどうすれば・・・」など。

色々と先のことを考えてしまう傾向にあります。

そう言った意味では、ストレスも溜まってしまいますよね。


自分に自信がない人


3つ目の自分に自信がない人ですが、基本的に吃音症の人って自信がない人が多いです。

何をやるにしても・・・

失敗したらどうしよう・・・

やっぱ止めておけばよかった

など。

結局、自分に自信が持てないから、ネガティブに考えてしまいます。

そうなると悪循環になってしまい、常に不安がつきまといます。

何を喋るにしても、どもりが出るから、それなら場の雰囲気を壊さない為に、喋らないようにしようと考えてしまうんですね。

また、自分に自信がないから、いざ喋ろうとすると、吃音がでてしまう。

吃音症にやりやすい性格はこのようなタイプの人に多いです。



吃音症の治し方には!


ただ、このままずっとこの状態では、いいわけがありません。

吃音が出るから、また、自信がないから喋らないでは、本当に損な思いをしてしまいます。

吃音症の治し方としては、先ずは、自分に自信を持つ事から始めてみてはいかがでしょうか?

失敗を恐れずに前向きに考えるようにすれば、それだけでも、人生は変わってくると思います。

先ずは、勇気と自信を持つことが大事です。

あわせて読みたい記事
リラクゼーションで改善させる!
吃音症の原因と対策について!
吃音症の治し方