●TOP > 吃音・知識 > 就職できない?

吃音の人は就職できないのか?


吃音で就職できない

吃音だからと最初から就職を諦めてはいませんか?

たとえ、どもりがあったとしても仕事することは可能です。

確かに普通の人と比べたら不利のところもあるでしょう。

でも、大人である以上、仕事はしなければいけません。

そこで、このページでは・・・
就職のための心構え!

向いている仕事を選びには?
これらについて解説していきと思います。

これまで吃音があるからと就職を諦めていた人は、ぜひ参考にしてみてください。


就職のための心構え


吃音がある方は、会話が苦手という傾向にあります。

するとどうしても不利に働くことがあるんですね。

例えば、電話を頻繁にかけたり、出たりする仕事ってつらいと思います。

電話でどもりが出れば、相手に伝わりませんからね。

これでは、仕事にならないでしょう。

だからと言って、体力がない人が、土方のような仕事は向きません。

ですので、就職のための心構えとしては・・・

どんな仕事に就きたいのか?

自分にできる仕事なのか?



ここをしっかり考えていかなければいけません。

もちろん、就職ともなれば、全く会話をしないわけにもいかないでしょう。

それに吃音を克服するくらいの気持ちは欲しいところです。

仕事をするのであれば、何か目標を持つようにしましょう。

例えば・・・
・人を助けるような仕事をしたい!

・人のためになるような仕事したい。

・自分の趣味を生かせるような仕事をしたい
など。

このように考えていけば、仕事も色々あるはずです。

また、目標を持つことで仕事も長続きするでしょう。

仮に退職を迫られたとしても、次の就職先も決めやすくなりますしね。

仕事を探しているなら、それなりに目標をしっかり持つことが大事です。

これは、吃音の人に限ったことでもありません。

ですので、簡単に就職できないと諦めないでくださいね。

就職する心構えをしっかり持つようにしましょう。

関連ページ
面接で成功させるには?
吃音で失敗したら転職すべきなのか?


向いている仕事を選びには?


吃音の就職は?

吃音がある方は、一体どんな仕事が向いているのか?

これは、あなたの考え方によっても違うでしょう。

なるべく会話がない仕事に就きたいのか?

それとも、

吃音が克服できるような仕事に就きたいのか?

何をしたいのか自分で決めなくてはいけませんね。

ただ、吃音の多くの方は、会話が少ない仕事に就職する傾向にあります。

もちろん、それでも全然問題はありません。

では、どんな職種があるのか見ていきましょう。


なるべく会話がない仕事には?


会話が少ない仕事って何があるのでしょうか?

最低限の会話だけでできる仕事もあります。

例えば・・・
・ほとんど話をしない工場や製造業

・板前で修業して料理人を目指す

・警備の仕事
これらですね。

探してみると色々あると思いますよ。

ですが、人とほとんど会話をしない場合、体力を使う傾向にあります。

それに、製造業や工場勤務では、ミスは許されないことが多くなるでしょう。

会話が少ないような就職はそれほど難しくありません。

ですが・・・

仕事はきついことが多いと覚えておきましょう。

もし、人と差をつけたい場合は、何か資格を取るのもいいですね。

その資格を活かせるような仕事に就くといいと思います。

資格があれば、会社がダメになっても、同じ職種にすぐに対応できます。

例え、吃音であっても、技術者で経験があれば、優遇されるはずです。

先ずは、仕事で生かせるような資格を取るのもいいかもしれませんね。

いずれにせよ、目標を持ってやり遂げてください。

どんな仕事にせよ、それが続けば立派な社会人ですからね!


吃音が克服できるような仕事とは?


どもりを克服させるためにあえて喋る仕事に就く人もいます。

具体的には次のような仕事です。
・営業職
・接客業
・販売業
・テレフォンオペレーター
・コールセンター
など、たくさんあります。

例えば、営業、接客、販売業などの仕事は直接、人の顔を見て対応します。

喋りが苦手だと挫折する方も少なくありません。

どもりがある方には向いていない職種でしょう。

ですが、何度も会話をするうちに、どもりは改善するものです。

顔を見て喋るのが苦手なら、テレフォンオペレーターなどの仕事もあります。

電話で案内するだけなので、気分的にも楽なはずです。

どもりを克服するためにあえてこのような職種に就くのもいいと思います。

ただし・・・

心の弱い方の場合、逆に吃音が悪化する可能性もあります。

ですので、強い意思を持つことが大事なんですね。

会話がない仕事に就くべきか?

吃音が克服できるような仕事に就くべきか?

よく考えてくださいね!