HOME・TOP > 知識 > 吃音症の症状にはどのようなものがあるのか?

吃音症の症状には・・・

 
吃音症の症状にはどのようなものがあるのでしょうか?

もちろん、その人によっても原因は違い、症状もいくつか種類があります。

中には、吃音=どもる事と思っている人もいますがそれだけではありません。

そこで、このページでは、吃音症の症状について解説しています。

ご自身の場合と比較してみてください。

吃音の症状で悩む男性


連発性吃音症の症状について!


先ずは、連発性吃音症と言うのがあるのですが、おそらく、多くの方が思っているフレーズです。

連発性吃音症は・・・

「ぼ・ぼ・ぼ・ぼくは、お・お・おにぎりが好きなんだな」
このような喋り方をするのが連発性吃音症の特徴です。

これは、昔、テレビドラマ「裸の大将放浪記」で山下清を演じる芦屋雁之助さんがよく言っていたフレーズになります。

こんな感じに、会話の最初の言葉が重複する吃音症を連発性吃音症と呼びます。

テレビドラマの影響もあり、一般的には、どもりと言ったら、このようなイメージが強いようです。

ですが、吃音症の症状はこれだけではありません。

ゆっくり話すと吃音症が改善される?


伸発性吃音の症状について!


吃音症の症状としては、伸発性吃音と言うのがあります。

どのような症状になるかと言うと・・・

「ぼーくは、おーにぎりが・・・」
こんな感じに、会話の最初が伸びるような症状になります。

そして、この伸び方ですが、個人差があるんですね。

中にはあまり目立たない人もいるのですが、あまりにも不自然に伸びて発言している人もいます。

会話の途中で言葉が伸びるような感じがする場合は、伸発性吃音の可能性が高いと思った方がいいでしょう。

メトロノームを使った吃音症の治し方について!


中阻型の症状について!


また、連発性吃音症や伸発性吃音とは違うような症状が出ることもあります。

どのようなものかと言うと・・・

「・・・・わたしは・・・おにぎりが・・・」
このように発言するタイミングが遅れたり、最初の言葉が小さかったり、聞き取りづらい症状などです。

言葉の途中で声が出なくなるのが特徴で、連続型とは明らかに違う症状になります。

もちろん、これにも個人差があります。

人によっては、聞き取りにくい場合もあったり、軽い場合では、吃音症と判断し難いようなものもあります。


症状が混ざる場合もある?今すぐできる対策や治し方は?


このように吃音症はその種類によっても症状が違います。

また、そう単純にタイプ分けができるわけでもないんですね。

複数のタイプが混合して発症してしまうがあったり、場合によっては、全てのタイプが発症していることもあるようです。

そして、吃音症の人は、その時の状態や緊張がなければ症状が全くでないことも多くあります。

逆を言えば、緊張状態が強ければ強いほど、吃音になると言う事です。

つまり、吃音の改善や治し方としては・・・

吃音を改善させるには、リラックス状態を作る!

これが最も重要なポイントになります。

吃音が出ないようにと思えば思うほど緊張状態に陥ってしまい、症状を悪化させてしまいます。

なので、緊張する場面などでは、深い深呼吸を行い、リラックス状態を作るようにしましょう。

今すぐできる対策としては、この方法が効果的ですので覚えておきましょう。

あわせて読みたい記事
簡単な吃音症の治し方について!
呼吸法で改善させるコツとは?
吃音症の治し方