吃音症の治し方には何がある?

 
吃音症の治し方について

こちらでは、吃音症の治し方どもりの対策について解説しています。


吃音・どもりの症状があると、バカにされたりするので、喋ることに抵抗を感じてしまいますよね。


自分の言いたいことが相手に伝わらないので、本当につらいです。


できれば、今すぐ対策して吃音・どもりを改善したいところでしょう。


ただ、治し方や対策の前にまずは何が原因で吃音症になってしまうのか?


その辺りから考えてみましょう。




吃音症やどもりの原因って何がある?



そもそも吃音症の原因って何があるのか?


もちろん、これは色んな要素があるんです。


例えば、育った環境やストレスでも影響しますし、その人によっても違いはあります。


しかし、その多くは・・・


どもりへの不安緊張トラウマです。
「また、どもりがでたらどうしよう・・・」

「喋るのは恥ずかしい・・・」

「大勢の前で喋るのが苦手・・・」

「しっかり喋れなかったらどうしよう・・・」

「また、バカにされそう・・・」

このようにトラウマや不安、緊張が重なることで吃音・どもりが出てしまいます。


あなたも、吃音・どもりの不安や緊張、トラウマってあると思います。


これこそが吃音症の本当の原因です。


吃音症の原因と対策について!


おそらく、両親や兄弟と喋る時って、あなたも吃音は気にならないと思います。


身内では気にならないのに、なぜか他人と喋る時はどもってしまう。


つまり、吃音症の原因と言うのは、自分自身が作り上げているんですね。


ですので、対策としては、あまり意識しないことが重要になります。


しかし、そんなことは、あなたも分かっているでしょう。


それが簡単にできればそんなに苦労はありませんからね。


では、どもりの対策や治し方にはどんなものがあるのか?



一般的に良いと言われている吃音・どもりの対策!



吃音症の治し方や対策について!


吃音症の治し方やどもりの対策にもいくつかあります。


例えば・・・
一番簡単な方法なら呼吸法

話し方教室に通ってみる

病院で薬を処方してもらう

催眠療法を行う

ゆっくり話をする

などがあります。


簡単に説明すると・・・

呼吸法では、腹式呼吸で深呼吸をすればリラックス効果が生まれるので、多少、緊張を和らげることができるというだけの話です。


話し方教室では、発音練習などを行いますが、必ずしも適切な治し方ではありません。

病院では、うつ病で使われる薬が処方されるだけで、根本的に吃音が治るということはないんです。


催眠治療の場合、催眠に入りやすい人は、どもりが良くなる可能性はありますが、催眠に掛かり難い人は、効果はないと言われています。


また、ゆっくり話をする練習で対策したとしても、人と会話をした時には、どもりがでてしまいます。



このように一般的に吃音・どもりに良いとされる治し方や対策を試したところで、あまり効果はありませんし、逆に悪化させる可能性もあるんです。

おそらく、あなた自身も色々と調べて実際に試されたとお察しします。

では、吃音症の治し方として適切な方法ってあるのか?

どもりの対策はどうやればいい?

・・・

ズバリその答えは!

不安や緊張を取り除くことにあります。



吃音・どもりの本当の原因は、あなた自身にあるのですが、一般的に良いと言われている方法は、その場限りのものです。


話し方教室に通うのも悪くはありませんが、それで吃音症は治りませんし、逆に意識してしまい、悪化する可能性もあるんですね。


どんな方法を試すにしても悪化してしまえば意味はありません。


効果の現れない治し方を試しても時間のムダになってしまいますからね。


今このページをご覧になっているあなたには正しい方法を知ってもらいたいのです。


吃音の対策は?


そこで、本当に吃音が治ったと話題になっている方法があります。


これは、中村しょう氏の吃音改善プログラムなのですが・・・


実際に吃音・どもりが気にならなくなるまで改善する方法です。


・・・


かく言う私も、どもりで悩み、周りからバカにされ、この症状でずっと悩み続けていました。


色々と悩み、以前は、話し方教室などにも通ったこともありましたが、一向に良くなる気配はありません。


というか逆に悪化していったのです。


こんな私だから仕事の方も続かずに、アルバイトを転々として、親からはしっかりしないさいと言われる始末。


もう、二十歳を過ぎているのだから、自分でも何とかしなければいけないと思い、吃音症の治し方やどもりの対策について色々と調べたんですね。


そこで、辿り着いたのが・・・


中村しょう氏の吃音改善プログラム


だったわけですね。


なぜ、この方法が良かったのか?


私の吃音が克服できた秘密をお伝えしたいと思います。




吃音改善プログラムで何をやったのか?



吃音症の治し方

先ず、このプログラムって一体なにか?


これは、6週間以内に吃音・どもりを改善を目指すためのプログラムです。


最新の脳科学に基づいた新しい方法になります。


結論から言うと私は・・・


この方法を実践したことで、どもりが気にならなくなった!


と言う感じです。


こちらは、あるエクササイズを1日20分〜30分程度行います。


そして、その期間ですが、私の場合は、6週間かからずに効果を実感することができました。


どもりが気にならなくなるまでには、もう少し期間がかかりましたけど、効果をもっと実感するには、続けることが重要かと思います。


私は、今でも、エクササイズを続けていて、それは別に難しくもありませんし、苦でもありません。


もちろん、その日の気分でエクササイズをやらない時もあります。


それでも、続けることは意味があるものと考えています。


なぜ、続けることが出来ているかと言えば、これは、得られたメリットが大きかったからです。


今では、人前で普通に喋る事もできますし、以前と比べてもそんなに緊張することもありません。


また、この方法を続けられた理由としては、中村しょうさんのメールもそうですが、サポートを受けたことが大きかったですね。


サポートメールがあったので、疑問に思うことをいくつか質問したりしました。


このメールサポートを使うと使わないでは、やる気が全然違うと思います。


特にはじめの頃は、これで本当に吃音が治る?って思っていましたけど、私的にはこの方法に出会って本当に満足でした。


正直なところ、もっと早くこの治し方が知りたかったと言うのが本音ですね。


私はこの方法で・・・
人と喋ることが苦痛ではなくなった!

電話も普通にでることができるようになった!

今では仕事も普通にこなすことができるようになった!

朝礼の時も普通に喋ることができるようになった!

前向きに考えることができるようになった!

遂に彼女ができた!

今では吃音で悩むことがなくなった!

これらのメリットを得ることができました。


毎日が充実していますし、これまで悩んでいたことが本当にバカみたいです。


もし、あなたが私と同じように吃音・どもりで悩んでいるなら、この方法は、きっとあなたの役に立つことは間違いありません。


ちなみに・・・


このプログラムには、完全返金保証がついているんですね。


これは、満足した効果が得られない場合に返金してもらえると言うものです。


最初、私も効果なかったら返金しようと思っていたのですが、実際に効果を実感したので必要ありませんでした。


つまり、吃音を治したいなら、何一つデメリットはないということなんです。


今度こそ本気で吃音症を対策したいと思っている方は、このプログラムを試してみてください。


吃音改善プログラムはコチラ!

更新情報!
意識しないようにする方法!
こちらでは吃音を意識しないようにする具体的な方法について解説しています。
ボイストレーニングについて!
吃音・どもりを改善させるためのボイストレーニング!
音読する方法やパタカラ体操など具体的なやり方について!
また、トレーニングする上での注意点などを解説しています。