吃音でお悩みのあなたへ!


吃音の原因と改善について

あなたも吃音・どもりの症状でお悩みですか?

この症状がある方は、バカにされたりするので、喋ることに抵抗を感じるでしょう。

できれば、今すぐ対策して改善したいですよね。

ただ、対策する前にまずは何が原因でどもってしまうのか?

先ずは、その辺りを考えることが大事です。

確実に吃音を改善させたい人はコチラ!


具体的な原因について!


吃音を克服したいなら原因を知ることが大事です。

そして、知り正しい方法で改善していかなければいけません。

大まかにいうと・・・

心理的な要因

外的要因について

遺伝について

病気について
このように分けることができます。


心理的な要因について!


吃音は心理的な要因が大きく関係しています。

主に・・・
・不安や緊張
・以前のトラウマ
・ストレス
・育った環境
これらがあります。


不安や緊張について


不安や緊張

どもりがある方の場合、普通の人以上に不安になったり緊張します。

例えば、人前でスピーチをする時などは誰でも緊張するものですが、どもりがある方の場合、極度の緊張状態に陥ります。

また、上手に喋ろうとしたり、どもりがでないようにと考えれば考えるほど緊張するんですね。

そうなれば不安な気持ちにもなるので、それが悪循環になってしまい、それが原因でどもりが出てしまうというわけです。

この部分を取り除くことができれば、多く方は、この症状を改善することはできるでしょう。


以前のトラウマについて


トラウマについて

この症状はトラウマも大きく関係しています。

以前、どもってしまい、みんなに笑われた事があったり、バカにされたことはありませんか?

こんな経験がある方は、それがトラウマとなってしまい、それが原因で喋ることに抵抗を感じるようになってしまいます。

症状が重症になれば、うつ病にまで発展する可能性もあるので気をつけなければいけません。


ストレスについて


ストレスについて

人間なら誰でもストレスはありますよね。実はこれもどもりの原因なることがあるんです。

例えば、大人が急に吃音になることがありますが、これは仕事が忙しいなど、過度にストレスを受ける方は気をつけなければいけません。

ですので、対策としては体を休ませたり、ストレスを発散させることが大事です。他にもストレスに負けない体を作ることも大切になります。


育った環境


育った環境

幼児や子供の原因としては、育った環境も大きく関係があります。

特にしつけが厳しい家庭の場合、子供が思い通りにいかずにどもることがあります。

ただ、多くの方は、そのまま放っておいても改善するのでそれほど心配することはありません。

子供が小学生になり、自分のどもりを気に出すようになったら親がフォローしていくようにしましょう。


外的要因について!


外的要因にはなにがあるでしょうか?

こちらも色々ですが、主に挙げられるのは次の通りです。
・活舌の悪さ
・浅い呼吸
・猫背
・睡眠不足
これらがあります。


活舌の悪さについて


活舌が悪い人もいますが、これが酷い人の場合、どもりの原因になります。

トレーニングなどを行えば、ある程度は改善が見込めるので日頃から対策することが大切です。

活舌の悪い人は、次の動画が参考になるので実際に声をだしてトレーニングを行いましょう。



【ボイストレーニング☆滑舌を良くする発声練習☆あいうえお】


猫背について


猫背

今では、スマホを何時間も続けて行う方もいますよね。

首を下に向けた状態で操作をするので猫背になりがちです。

実は、猫背になっていると吃音が出やすくなるんですね。

それに普段から猫背になっている人は、声が低かったりするので聞き取りにくくなります。

要するに、悪い姿勢だとしっかりと発声する事が出来なくなるんです。

どもらずしっかり発声するためにも正しい姿勢に治すようにしましょう。


呼吸について


深呼吸

吃音がある人の特徴としては、呼吸が浅いというのが挙げられます。

呼吸が浅いというのは、胸式呼吸を行っている証拠です。

吃音者だけに限らず、人間は腹式呼吸を行った方が良いと言われています。

なぜなら、しっかり呼吸をすることで血流が良くなり健康にも良いからです。

また、呼吸は自律神経とも大きく関係があるんですね。

自律神経が乱れてしまえば、どもりが出やすくなってしまいます。

ですので、正しい複式呼吸を行うトレーニングを行いましょう。

やり方は簡単です。
・立った状態でお腹に手を当てる

・3秒息を深く吸う

・7秒かけてゆっくりと息を履く
手を当てる事でお腹に空気が入るのが分かります。また、息を吐く時は、お腹を凹ませる感じで行いましょう。

行う回数などは特に決まりはありませんので、気づいた時に行ったり、緊張しそうな時にやるといいと思います。

腹式呼吸を覚えることで、緊張を和らぐので対策になります。


睡眠不足について


睡眠不足

どもりの原因としては睡眠も関係しています。

睡眠不足がいけないのか理由としては・・・

自律神経が乱れる

疲れが取れない

このようなことが挙げられます。

普段から睡眠不足が続けば心身共に調子を崩してしまうので注意が必要です。

理想の睡眠時間としては、1日に7〜8時間ぐらい取るようにしましょう。

ちなみに寝過ぎも健康を害するので気をつけてくださいね。


遺伝について!


遺伝

どもりは、遺伝も原因があると言われています。

でも、本当に遺伝が関係しているのかどうか?

実際のところ、正確には分からないのが現状のようです。

両親がどもりの場合、その子供もどもりのなるというのですが、これは家庭環境による部分が大きいのかもしれません。

特に幼児や子供の場合は、親の影響は大きく、言葉を覚える過程で自然に吃音を覚えてしまったと考えた方がいいでしょう。

ですが、遺伝で吃音になったとしても、改善することは可能と考えられます。

なぜなら方言でも同じようなことが言えるからです。

当たり前ですが、大阪の子供は関西弁を喋りますよね。

これは、親が関西弁を喋っているのを子供が自然に覚えたわけですからね。

これまでずっと関西便を喋っていたとしても、意識すれば標準語を話すことができるでしょう。

その様な事から意識したり、トレーニングをすることでどもりは改善できると思ってください。

確実に吃音を改善させたい人はコチラ!


吃音は病気が関係している?


病気が関係している?

何らかの病気が原因でどもりの症状がでることもあります。

例えば・・・
・統合失調症
・発達障害
・脳梗塞
などが挙げられます。


統合失調症について


統合失調症は、精神疾患の病の1つです。

実は、病気から吃音の症状が出るケースもあると言われています。

この病気は、心や考え方がまとまりづらくなるのが特徴です。

様々な情報や刺激に過敏になりすぎて脳が対応できなくなってしまいます。

具体的な症状としては、急性期には幻聴・幻覚など激しい症状になり、意欲もなくなります。

そして、何もかもやる気がおきなくなる消耗期を経て、回復に向かいます。

精神疾患の病ですので、病院で治療を行うのはもちろんのこと、家族もしっかりとサポートをしていかなければいけません。


発達障害について


発達障害は、生まれつきの脳機能障害が原因になります。

具体的には、自閉症、アスペルガー症候群、注意欠如・多動性障害(ADHD)、学習障害などがあります。

また、発達障害には吃音も含まれます。

症状は幼児から現れるので、普通の育児が困難となってしまうでしょう。

幼児の場合、子育て支援センター・児童相談所・発達障害者支援センター・療育センター等で相談することが可能です。

ちなみに、大人になってから発達障害が分かるケースもあるので、その場合は、精神科医で診てもらい適切な治療を行っていく必要があります。


脳梗塞について


脳梗塞とは、血栓が脳に詰まってしまう重篤な病です。

発症すると死に至ることもあるのですが、血栓溶解療法(t-PA治療)を早期に行うことで後遺症も残らないで済むケースもあります。

なぜ、脳梗塞がどもりの原因になるのか?

実は、脳梗塞の前兆の症状には・・・

片方の手がしびれる
物をもってもすぐに落とす
物が二重に見える
ろれつが回らなくなる
顔の半分が垂れる

これらがあります。

その他の症状として吃音が出る場合があるんです。

脳梗塞は、普段の生活習慣と大きく関係があるので、食事や運動不足の見直しなどに気をつける必要があります。

・・・・
このように吃音の原因には、色々とあります。

長くなりましたが、自分に当てはまるものはあったでしょうか?

次は、どもりを改善するにはどうすればいいか解説していきますね。

改善方法や治療について!


改善と治療

吃音の症状に悩まされているなら一刻でも早く改善したいところでしょう。

実際に改善方法や治療などもいくつかあります。

具体的には・・・
言語聴覚療法

薬物治療

催眠療法

話し方教室
これらがあります。


言語聴覚療法について


言語聴覚療法では、吃音をはじめ、聴覚の障害に対し、症状を把握して、訓練やリハビリを行う方法になります。

具体的には言語聴覚士がいる病院に足を運ばなければいけません。

耳鼻咽喉科やリハビリテーション科に在籍しているのですが、現状では不足していると言われているので、あらかじめ探す必要があります。


薬物治療について


精神科や心療内科では、薬物治療を行います。

主な薬としては「SSRI」といってうつ病の方やパニック障害に悩まれている方に服用するものになります。

この薬を飲むことで脳の興奮や緊張が抑えられて、普段よりどもらないで喋ることができると言われています。

ただ、あくまでも対処療法になるので、吃音が治ることはありません。


催眠療法について


どもりを克服させる方法の1つには催眠療法があります。

催眠療法士やセラピストにより、カウンセリングを行う治療法です。

催眠療法では、どもる認識を排除させ、スラスラ話をするプラスイメージをインプットさせます。

自分は、緊張していないと言ったことを頭に叩き込むわけですね。

但し、催眠に掛かり難い人はこの方法は全く効果がありません。


話し方教室


どもりを改善させるために話し方教室に通う人もいるようです。

症状が軽度なら、人前で話す経験は、話す自信につながるので効果はあるでしょう。

ただし、教室内では上手に喋れたとしても、外に出ればどもりが出る人は多くいるようです。

ですので、正しい発声方法を覚えるにはいいですが、基本的には治らないと思ってください。

・・・・
このように一般的に良いと言われる方法を試したところで、残念ながらあまり効果は期待できません。

場合によっては、逆に悪化させる可能性もあるんです。

おそらく、あなた自身も色々と調べて実際に試されたかもしれませんね。

では、どもりを改善させるにはどうすればいいのか?

どんな対策をやっていけばいいのか?
ズバリその答えは!

不安や緊張を取り除くことにあります。

つまり、あなた自身が作り上げている吃音の原因を取り除かなければいけません。

なので、一般的に良いと言われている方法は、効果が期待できないですし、場合によっては悪化する可能性もあります。

効果の現れない治し方を試しても時間のムダとなってしまいます。

今このページをご覧になっているあなたには正しい方法を知ってもらいたいのです。


確実に吃音を改善させるには?


悩む男性の画像

確実にどもりを改善させるにはどうすればいいのか?

主な原因は、トラウマや不安、緊張です。

これは、自分自身が作り上げているものになります。

なので、単純な話・・・

トラウマ・不安・緊張を取り除くこと!

これができれば、自然にどもりの回数も減り、気にならなくなるんです。

過去にどもって笑われた経験のある方は、いつまでも忘れることができないでしょう。

大勢の前や苦手な人の前で喋る時に心のどこかで嫌な思い出が蘇ります。

すると過剰に意識してしまい、その結果、吃音がでてしまう・・・。

これを繰り返してしまうわけなんですね。

症状の軽い方であれば、それほど気にならないかもしれません。

しかし、問題は重度の方です。

どもりが酷ければ酷いほど深刻化ですし、自分に自信がなくなってしまいます。

ですので、早めに対処していかなくてはいけません。

もし、あなたが・・・
・吃音が出て、すごく恥をかいてしまった

・会話の途中で詰まってしまいどもる

・どもるから会話がするのが苦手

もし、このような悩みがあるなら・・・

頭にインプットされている情報を一旦、リセットしなければいけません。

その方法を詳しく今回は、詳しくお伝えしています。

吃音の原因を取り除く

トラウマや不安、緊張を上手に撮り除くことができれば吃音を克服することも可能です。

そこで、次のページでは、そのやり方をさらに詳しく解説しています。

本気で吃音を改善したい人はコチラのページをご覧ください!






吃音関連のリンク:吃音ツイート | 吃音症 - Wikipedia | 吃音の質問・知恵袋 | 吃音の質問・教えて!goo

PVランキング 無料サイト登録型検索ディレクトリ - LinQoo Search