吃音の原因から改善まで!


吃音の原因と改善について

こちらでは、吃音の原因と改善について解説しています。


この症状がある方は、バカにされたりするので、喋ることに抵抗を感じると思います。


自分の言いたいことが相手に伝わらないので、本当につらいですからね。


できれば、今すぐ対策して改善したいところでしょう。


ただ、改善や対策の前にまずは何が原因で吃音症になってしまうのか?


その辺りから考えてみましょう。



吃音やどもりの原因って何がある?



そもそもどもりの原因って何があるのか?


もちろん、これは色んな要素があるんです。


例えば、育った環境やストレスでも影響しますし、その人によっても違いはあります。


しかし、その多くは・・・


どもりへの不安緊張トラウマです。
「また、どもりがでたらどうしよう・・・」

「喋るのは恥ずかしい・・・」

「大勢の前で喋るのが苦手・・・」

「しっかり喋れなかったらどうしよう・・・」

「また、バカにされそう・・・」

このようにトラウマや不安、緊張が重なることでどもりの症状が出てしまいます。


あなたも、喋る事に対して不安や緊張、トラウマってあると思います。


これこそが本当の原因です。


吃音の原因と対策について!


おそらく、両親や兄弟と喋る時って、喋る事に抵抗はないと思います。


身内では気にならないのに、なぜか他人と喋る時はどもってしまう。


つまり、吃音の原因と言うのは、自分自身が作り上げているんですね。


ですので、対策としては、あまり意識しないことが重要になります。


しかし、そんなことは、あなたも分かっているでしょう。


それが簡単にできればそんなに苦労はありませんからね。


では、具体的に対策や治し方にはどんなものがあるのか?



一般的に良いと言われている吃音の対策や改善について!



対策について!


吃音の改善やどもりの対策にもいくつかあります。


例えば・・・
一番簡単な方法なら呼吸法

話し方教室に通ってみる

病院で薬を処方してもらう

催眠療法を行う

ゆっくり話をする

などがあります。


一番簡単な方法なら呼吸法


呼吸法というのは腹式呼吸で深呼吸する方法なのですが、一時的に自律神経が整い、緊張を和らげることができます。ですが、呼吸法で吃音が治るわけではありません。あくまでも緊張が緩和されるだけです。


話し方教室に通ってみる


話し方教室では発音練習などを行いますが、必ずしも適切な治し方ではありません。教室内では喋ることができたとしても、環境が違う場所になるとどもりが出るケースが多いです。


病院で薬を処方してもらう


病院で治療となると薬物治療になるのですが、うつ病で使われる薬が処方されます。薬を服用すれば一時的に緊張が和らぎますが、吃音が治ったわけではありません。


催眠治療を行う


催眠治療の場合、催眠に入りやすい人は、どもりが良くなる可能性はあります。ただし、催眠に掛かり難い人のは、効果はないと言われています。


ゆっくり話をする


ゆっくり話をする練習で対策したとしても、人と会話をした時には、どもりがでてしまう傾向にあるようです。

・・・

このように一般的に吃音症に良いとされる方法で対策を試したところで、あまり効果は期待できませんし、逆に悪化させる可能性もあるんです。

おそらく、あなた自身も色々と調べて実際に試されたとお察しします。

では、吃音を改善させるにはどうすればいいのか?

どんな対策をやっていけばいいのか?

・・・

ズバリその答えは!

不安や緊張を取り除くことにあります。



つまり、本当の原因は、あなた自身にあるのですが、一般的に良いと言われている方法は、その場限りのものと思ってください。


話し方教室に通うのも悪くはありませんが、それで吃音症は治りませんし、逆に意識してしまい、悪化する可能性もあるんですね。


どんな方法を試すにしても悪化してしまえば意味はありません。


効果の現れない治し方を試しても時間のムダになってしまいますからね。


今このページをご覧になっているあなたには正しい方法を知ってもらいたいのです。


確実に吃音を改善させるには?


悩む男性の画像

吃音を作り上げているのは自分自身!!


そして、確実に吃音を改善させるには、


やはり・・・


トラウマ・不安・緊張を取り除くこと!


これができれば、自然にどもりの回数も減り、気にならなくなります。


過去にどもって笑われた経験のある方は、いつまでも忘れることができません。


大勢の前や苦手な人の前で喋る時に心のどこかで嫌な思い出が蘇ります。


すると過剰に意識してしまい、その結果、吃音がでてしまう・・・。


これを繰り返してしまうわけなんですね。


症状の軽い方であれば、何もしないでも改善していくでしょう。


しかし、問題は重度の吃音の方です。


どもりが酷ければ酷いほど深刻化ですし、自分に自信がなくなってしまいます。


ですので、早めに対処していかなくてはいけません。


もし、あなたが・・・
・吃音が出て、すごく恥をかいてしまった

・会話の途中で詰まってしまいどもる

・どもるから会話がするのが苦手

もし、このような悩みがあるなら・・・


頭にインプットされている情報を一旦、リセットしなければいけません。


もう一度いいますよ。


頭にインプットされている情報をリセット


です!


トラウマや不安、緊張を上手に撮り除くことができれば吃音を克服することも可能です。


そこで、次のページでは、そのやり方をさらに詳しく解説しています。


本気で吃音を改善したい人はコチラのページをご覧ください!



更新情報!
笑われた時の対処法!
こちらでは吃音で笑われた時の対処法について解説しています。
カミングアウトするといい?
こちらではカミングあるとすると良い理由について解説しています。
電話が怖い?対策するに?
会社の電話に出るのが怖い方へ!
こちらでは具体的な対策や克服の仕方を解説しています!