吃音症の治し方には何がある?

 
あなたも吃音症治し方をお探しですか?

どもりの症状があるとバカにされりするので本当につらいですよね。

自分の言いたいことが相手に伝わりませんからね。

では、吃音症の治し方にはどのようなものがあるのか?

一般的には、次のようなものがあります。

発声練習を行う

話し方教室に通う

緊張を抑えるために呼吸法やツボ押しを行う

カウンセリングを受ける

精神科や心療内科で治療を行う
などです。

ただ、これらを行っても、思うように治らないのも事実なんですね。

病院での治療では、緊張を抑えるような薬が処方され、効果は一時的です。

なので、吃音・どもりの不安がある時は、薬を飲み続ける必要があります。

これでは、吃音症を治すことが難しいです。

しかし、ある方法を行うことで吃音症を劇的に改善させることができます。

その方法をこちらでこっそり教えています!

吃音を改善させる話題のプログラムの秘密に迫ります!



吃音症の原因について考えよう!


吃音症で悩んでいるのであれば、その原因を知ることが大事です。

当然、吃音症の原因は、人それぞれ違いがあります。

ただ、残念ながら正確には、はっきりとした事は分かっていないんですね。

ですので、改善方法だったり治し方はその人によっても効果が違います。

それでも、一般的に言われているのが以下のようなものがあります。

幼児期のトラウマ

育った環境

吃音への不安

ストレス
これらです。

子供の頃からずっと、どもりで悩んでいると言う方は、幼児期のトラウマや育った環境と言う部分が大きいんですね。

例えば・・・

・幼児期や子供の頃、両親が自殺したなどの大きなショックな出来事があった。

・両親のしつけがすごく厳しかった。

子供の画像


トラウマや不安が原因?


このように育った環境であったり、幼児期のトラウマと言うのは、吃音症を引き起こす要因として考えられています。

また、不安に関しては、一番の原因とも言われていて、どもっていると言う事を本人は自覚していますので、その不安から、更にどもってしまうんですね。

つまり、どもりへの不安は、悪循環になっていると言うことです。

大人はストレスが原因?


そして、大人になってから、急にどもりになってしまう方がいますが、これは、ストレスの部分が大きいとされています。

はじめは、ちょっとどもる程度だったけど、仕事などのストレスが加わり、次第に悪化していくことがあります。

もちろん、この場合は、吃音症の治し方としてはストレスをなくす努力が必要になります。

このように原因には、様々あるのですが、育った環境や幼児期のトラウマなどは、過去の出来事なので、変えようがありません。

自分はなんで吃音になってしまったのか?

先ずは、ここをよく考えるようにしてみてください。


自力で出来る吃音症の治し方について!


では、吃音症治し方って具体的にどのようなものがあるのか?

上記で解説した通りですが、昔のことは変えようがありません。

なので、治し方としては、不安やストレスをなくす事が重要なポイントになります。


自己暗示で不安を解消させよう!


吃音症が酷いから、いつも不安になっている人もいるでしょう。

そのような場合、簡単にできる対策として、自己暗示をかけるのがお勧めの方法です。

自己暗示のかけ方としては、自分がどのようになりたいのか?

これをいつも唱えることが大事です。

どもりが出ても気にならない・・・

喋ることは怖くない・・・

全然不安にならない・・・

もっともっと人前で喋り続けたい・・・

このように自己暗示をかけることで不安は解消されていきます。

ちなみに動画でもいくつかありましたので、紹介しておきますね。

(なりたい自分になれる自己暗示の方法とは? by メンタリスト DaiGoより)


(1分間成功暗示「なぜかすべてはうまくいくより)


自己暗示に関しては、色々と応用が利きます。


例えば・・・

・自分は絶対に上手くいく!

・仕事が成功する!

・試験で良い点を取る!

・ダイエットが成功する!

などなど、今、自分が思っている事や目標など自己暗示をかければいいわけです。

吃音の治し方として考えるなら、人と喋ることは怖くないと思えばいいのです。

自分のどもりは治っていると暗示をかけてください。

そうすれば、不安もなくなりますので、喋ることが怖くなくなります。

逆に不安な事ばかり考えていると、良い事ってやってきません。

未来を明るくするためにも自己暗示を覚えましょう。


ストレスを無くすには?


次にストレスに関してですが、人間なら誰でもありますよね。

ご存じですか?

過度にストレスを溜めてしまうと自律神経のバランスを崩して、健康にも影響するってことを!

大人になってからの吃音症は、主にストレスが原因なので、しっかりと対策することが重要です。

では、ストレス対策や治し方ってどうすればいいか?

基本的には・・・

体を休ませる
自分の好きな趣味などをやる
運動をするなどしてください。
リラクゼーションの音楽を聴く
リラックスできるアロマなどのニオイを嗅ぐ

これらのことが大事です。

特にストレスの他に疲れが溜まっている方は、寝る時間を確保して体を休ませることが大事です。

事をされている方は、勤務中はストレスの連続かもしれません。

ですので、時には、勤務中であっても、合間を見て気を抜くようにしましょう。

それと、多少、辛いことや苦しいことがあっても、ストレスと思わないことです。

例えば、ストレスなんて怖くないと暗示をかけてみるのもいいかもしれません。

自分の心は最強と思えば、少しは楽になるはずです。

このように不安やストレスを無くすことが考えてみてください。

吃音症の症状がたった6週間で気にならなくなった方法とは?


ツボ押しが効果的!


吃音症の治し方としては、ツボ押しを試してみるのもいいでしょう。

では、どんなツボがいいのか?

どもりの原因には、不安や緊張、ストレスなどがありますので、それらを緩和してくれるようなツボを刺激するのが対策になります。

そこで、お勧めするのが・・・

  • 労宮

  • 神門
この2つのツボにが吃音の治し方としては効果的です。


労宮について!


労宮と呼ばれるツボは、手の平の中心あたりの部分になるのですが、丁度、人差し指と中指の間を下りた所にあります。

手を軽く握った際に、中指の爪の先があたる部分になります。

効果としては、自律神経のバランスを整えますので、憂鬱、落ち込み、イライラ、また、不眠にもいいと言われています。

動画がありましので、こちらを参考にすると分かりやすいです。


YOUTUBE「自立神経のバランスを整えるツボ(手のひらにある労宮)」より


神門について!


次に、神門と呼ばれるツボですが、こちらもストレスを緩和する効果や、心を落ち着かせてくれる効果があります。

場所的には、手首の小指側の付け根のくぼんだ部分になります。


YOUTUBE「神門(しんもん)@お灸・鍼治療の「ツボ」の取り方」より


これらツボは自分でも刺激する事が可能ですので、吃音が出そうな時はもちろんですが、普段からツボ押しを行うようにするといいでしょう。

特に回数や時間などは決まりはありませんので、手が空いている時に行ってみてください。


メトロノームを使った吃音症の治し方!


吃音症の治し方とメトロノーム

吃音症の治し方としては、メトロノームを使う方法もあります。

これは、言葉を確実に発するためのトレーニングと思ってください。

メトロノームは、音楽でリズムを取る時に使いますが、吃音の治し方や発音練習にはこの道具が役立ちます。

では、メトロノームをどのようにして使えばいいのか?

具体的には、メトロノームをゆっくりなテンポで確実に発音していきます。

吃音症の人は・・・

「ああああありがとうごござました」
「あーりがとーございました」


このようにで出だしでどもったり、音が伸びたりするのですが、そこで、メトロノームを使います。

メトロノームのカチ・カチ・カチ・カチ・・・

この「カチ」を一文字と考えて発音していくトレーニングを行います。

はじめは、「ありがとうございました」「こんにちは」「こんばんは」など。

どもりが出るような苦手な単語からトレーニングするのもいいと思います。

注意することとしては、必ず、ゆっくりのテンポからスタートします。。

そして、苦手な単語が確実に言えるようになったら、徐々にスピードを上げてトレーニングしていきましょう。

実際に喋る時は、緊張などから吃音がでることがありますが、先ずは、自宅で確実に苦手な言葉を発するトレーニングをしてみてください。

ちなみに、メトロノームを持っていない方は、スマホのアプリで色々あるので自分の好きな物を選ぶといいと思います。。


一番簡単な方法は呼吸法!


呼吸法・吃音症の治し方

吃音症の治し方で簡単な方法と言えば、呼吸法です。

どんな呼吸をすればよいかと言えば、これは腹式呼吸でゆっくりと大きく深呼吸をすることです。

深呼吸をすることで自律神経の乱れを整えることができますので、リラックス効果が生まれます。

自律神経は、交感神経と副交感神経があるのですが、次のような特徴があります。

交感神経緊張している時
副交感神経リラックスしている時


どもりが出る時は、緊張や不安、ストレスなどによることが多いです。

この場合、交感神経が優位になっている証拠です。

なるべく、交感神経と副交感神経のバランスを保ち、自律神経を整えなければいけません。

そこで、呼吸法が役に立つということです。

呼吸法は、緊張した状態やあがり症のの人にもお勧めできる方法になります。

また、呼吸法を整えることは、健康にも良いことが分かっていますので、日頃から呼吸法を意識するといいと思います。


呼吸法の具体的なやり方について!


吃音症の治し方や改善のために行う呼吸法ですが、やり方は至って簡単です。

腹式呼吸でゆっくりと深呼吸を行うようにします。

腹式呼吸とは、息を吸う時にお腹を膨らませて、息を吐くときにお腹を凹ませる呼吸です。

腹式呼吸になっているか分からない人もいるでしょう。

そんな人は、お腹と腰に手を当てながら意識して呼吸を行ってみてください。

コツとしては、息を吐くときに手でお腹を押すようにします。

すると、複式呼吸になっているかが確認できます。

この方法で深呼吸をするのですが、息を吸う時は5秒ぐらいで吐くときは10秒から20秒かけてゆっくりと行うようにする効果的です。

10回を1セットとして、一日に何セットか行ってみてください。

特に大勢の前でスピーチをする時やプレゼンの時、電話をする時、会社の面接の時、など緊張する時に行うといいと思います。


ゆっくり話すと吃音症が改善される?


吃音の治し方は?

もし、連発性吃音症の症状で悩むのであれば、ゆっくりと話す努力をしてみてください。

吃音症の症状には、連発性や伸発性などがあります。

連発性の場合は、「おおおおおおおにぎりが・・・」
伸発性の場合は。「おーにぎりが・・・」


このような感じでこの2つが混ざったものもあります。

連発性吃音症では、思った事を咄嗟に口にしてしまう傾向があります。

すると、ついどもりになってしまうんですね。

この症状で悩む方は、頭の回転が早いとも言われているので、早口になりやすいのも特徴です。

では、吃音を出さないようにするにはどうすればいいのか?

それは・・・

いきなり喋らない

あらかじめ喋る内容を決めておく

喋る前にワンテンポおく

区切りを入れる

このようなことを意識するようにしてください。

連発性吃音症の方は、いきなり喋るとどもる傾向にあるので、いきなり喋らないことです。

人前で喋る朝礼やスピートなどは、あらかじめ喋る内容を決めておくようにしましょう。

それと、喋る前には、ワンテンポおいてから話すようにすると、どもる確率もかなり減っていきます。

それと、ダラダラと喋ると聞きにくので、句読点では、、しっかりと区切りを入れて喋るようにしてみてください。

具体的には・・・

「〇〇ます。」で区切る
「〇〇です。」で区切る
「・・・・して、」で区切る


このような感じで区切ると聞きやすいです。

政治家のしゃべり方を参考にしてみるのもいいでしょう。

ちょっとしたコツを掴むことで吃音症が改善されるはずです。


吃音症の治し方には催眠療法がある?


催眠療法・医師の画像

催眠療法と言う治療をご存知でしょうか?

これは、患者を催眠状態にさせて、吃音の原因を排除させたり、潜在意識にスラスラと話すプラスイメージをインプットさせると言う方法です。

そして・・・

自分はどもっていない

緊張していない

このようなことを頭に叩き込ませるわけですね。

この方法は、吃音症の他にも、うつ病等の精神科疾患で行われる治療になります。

催眠治療のメリットは・・・

薬は使わないので副作用がない!

薬は使わないので、副作用などの心配もなく治療できるところでしょう。

デメリットは・・・

全ての人に効果があるわけではない

催眠療法は吃音症の治し方の1つではありますが、デメリットとしては、残念ながら、この方法は全ての人に効果があるわけではないと言うことです。

催眠にかからない人もいますので、そのような方の場合、治療効果は期待できないと思われます。

このような時は、催眠療法士の相性などもあるので、別のところで試してみるのもいいでしょう。

いずれにせよ、催眠療法でこの症状を克服するには、それなりに時間がかかると思ってください。

また、別の方法を取り入れながら、自信をつけると言う意味でも、催眠治療を行うようにするといいかもしれませんね。

吃音症を克服したい人は、催眠治療も選択肢の1つに入れてみてはいかがでしょうか?

開き直るのも大事!


吃音症の原因や治し方というのは、残念ながらいまだに特定されていません。

ですので、最後には開き直ることも大事なのかもしれません。

とは言うものの、吃音が酷いと人前で話すのはつらいでしょう。

それでも、開き直って、どもりが出てもいいので人と会話をするようにしてください。

前向きな男性の画像


孤立化してはダメ?


一番いけない考え方としては、どもりがでるからと人と話をしないで孤立していくことです。

孤立化していくと、やがては、ひきこもりやうつ病にかかりやすくなってしまいます。

そうなってしまえば、最悪、自分から命を絶つ人もいます。

なので人との会話やコミュニケーションは絶対に必要なものになります。

うつ病にまで発展してしまったら、それこそ治療に長い期間かかってしまいます。


なるべく人と会ってみよう!


どもりの治し方ですが、その人によっても合う合わないがあります。

ですが、克服して元気で生活している方がいるのも事実です。

そして、共通して言えるのは、人とよく喋るようになっていると言う事です。

例えば、営業などの仕事ではお客さんと話をする機会は多いでしょう。

ですが、ここでその仕事を諦めてしまったら、吃音症が治ることはありませんが、あえて頑張ってみたら、意外と楽に克服できるかもしません。

もちろん、個人差があるので全ての人に当てはまりませんが、本人の気持ち次第で改善することは普通にあるってことです。


重要なポイントは?


吃音症の治し方として、重要なポイントは2つあります。

  1. どもりが出てもいいやと開き直る

  2. なるべく人と話する機会を増やす


克服したい気持ちがあるなら、開き治って考え方を変えてみることも大事ですし、人と話をする機会を増やすともしかしたら、良い出会いが待っているかもしれません。

ですので、吃音症を治したい人は、深刻に考えないで開き直って大勢の人と話をして楽しんでください。

 



短期間で吃音症を克服したい人はコチラ!
最近の脳科学に基づいたまったく新しい吃音改善法を公開!重度の吃音(どもり)でも6週間と短期間で克服させる新しい方法の秘密に迫ります!